Gifu Association of Corporate Executives

東海環状自動車道を考える委員会

委員長 小川 優二 協同印刷社長
副委員長 村瀬 尚子 ソフィア総合研究所社長

東海環状自動車道は全区間約153㎞のうち開通部分が100㎞を超え、地域を支える幹線道路として存在感が高まっている。産業振興の点はもちろん、災害対応、デジタル化、「人生100年時代」など現代社会のトレンドを踏まえ、地域が当自動車道をどう活用していくべきかを提案する。

 

地方のデジタル化を考える委員会

委員長  辻 雅文 インフォファーム副社長
副委員長 尾関 圭司 濃飛倉庫運輸社長

本年度から次世代通信規格「5G」の本格的なサービスがスタートする。これによりわが国でデジタル化が急速に進むことが期待されているが、大都市圏に比べて地方が後れを取ることのないように、特に地方経済のデジタル化の推進のためにどのような施策が必要かを提案する。