Gifu Association of Corporate Executives
日 時 令和4年7月22日(金)16:00~17:50
会 場 岐阜グランドホテル
講 師 nakakitakoji一橋大学 教授

中北 浩爾 氏

テーマ 「参院選と日本政治の展望」

今夏予定の参院選は、岸田内閣が長期政権化するか、それとも短命政権で終わるのかを決める重要な選挙です。岸田内閣が掲げる「新しい資本主義」の行方、財政再建や社会保障制度改革、憲法改正などに対して、参院選の結果が大きな影響を与えるでしょう。この講演では参院選の結果を軸に、日本政治の構造を読み解いていきます。

プロフィール [略歴]

1968年三重県生まれ、大分県育ち。91年東京大学法学部卒業。93年東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了。95年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程中途退学。97年東京大学より博士(法学)の学位取得。同年大阪市立大学法学部助教授。2004年立教大学法学部教授。11年より一橋大学大学院社会学研究科教授。

 

[主な著書]

「自公政権とは何か―『連立』にみる強さの正体」(筑摩書房)、「自民党-『一強』の実像」(中央公論新社)、「自民党政治の変容」(NHK出版)、「現代日本の政党デモクラシー」(岩波書店)、ほか多数。