Gifu Association of Corporate Executives
日 時 令和4年4月18日(月)16:00~17:50
会 場 岐阜グランドホテル
講 師 kiuchitakahide 

法政大学

経済学部 教授

小黒 一正 氏

テーマ 「日本財政を巡る課題 ―改革の新たなステージに向けて―」

コロナ危機からの脱却にはもう少し時間がかかると思われるが、感染が収束していけば、コロナ前の問題が再び顕在化するだろう。それは、急速な人口減少や少子高齢化が進むなかでの財政・社会保障の問題である。日本財政はどこまで本当に深刻なのか。また、2019年の消費税率引き上げにより、社会保障・税の一体改革は終了したが、改革の新たなステージに向けてのヒントは何か。いくつかのポイントをご提案いただきます。

プロフィール [略歴]

1974年東京都出身。97年大蔵省入省。大臣官房文書課法令審査官補、関税局監視課総括補佐等を歴任。2005年財務省財務総合政策研究所主任研究官、10年一橋大学経済研究所准教授、15年より現職。厚生労働省「保健医療2035 推進」参与、内閣官房「革新的事業活動評価委員会」委員など公職多数歴任。

 

[主な著書]

「日本経済の再構築」(日本経済新聞出版社)、「財政危機の深層―増税・年金・赤字国債を問う」(NHK 出版新書)ほか多数。